クラビットの服用と性病治療の難しさ


日本で一番感染数が高いのがクラミジアですが、治療薬を正しく使うことで改善することができます。他の治療薬も用いられますが、膣トリコモナス症で使われることが多いクラビットも良い治療薬です。ただし性病であることを知ることが必要です。その性病であることを自覚することが、難しい病気が性病になります。

服用方法が異なるクラビット

決められた用量用法で服用すれば良いと多くの方がそう思うでしょうが、そう簡単ではないのが医薬品の服用です。病気によって服用方法が違いますし、また症状の出方によって医薬品の用量も変わってきます。いろんな菌や原虫に対抗してくれる医薬品がクラビットですが、服用方法が異なると、うまく治療できないことがあります。医師の指示通りに服用することを心掛けてください。

性病の感染率

性病に感染しやすいのは女性になります。この原因は諸説いろいろありますが、性器の違いにあると言われています。男性は外に配置されており、たとえ菌や原虫に接触したとしても、感染するまでに、排尿時に洗い流してしまうことが多いです。一方女性は、なかに貯め込みますので、その分感染する可能性が高くなります。そのことから圧倒的に女性の方が感染しやすいです。

発症しないことで起きるリスク

また女性に大きなデメリットがあるのが性病です。女性は性病が発症しにくく、知らない間に感染しており、そして他の人に移してしまい、また大きな合併症に見舞われることもあります。感染数が多いクラミジアは適切な方法を用いれば、簡単に治療をすることができますが、発症せずにクラミジアに罹っていることを知らなければ、そのまま悪化してしまい将来的に不妊症に陥ることもあります。このように考えると、性病はとても怖い病気であることが理解できるはずです。

症状が出にくいと、それだけ治療が遅れて、大切な人に移してしまう可能性があります。たとえ浮気ではないとしても、長期的に感染しており、現在のパートナーに移すことで、浮気認定されることも多いのが性病です。なんらかの心当たりがある場合は、対処してください。まず対策としては、以前に魔が差したことがあるのか?考えてみましょう。不特定の人や多数の人とセックスをした経験がある人は、特に性病罹患率が高くなります。男性であれば風俗通いした経験がある人は、それだけリスクが高まるでしょう。最近の風俗嬢はお店で検査を受けることができるようになっていますが、、そうではない女性であれば、感染しているリスクが高くなります。遊んだ経験を持っている人は、それだけ性病に罹っている可能性があることを理解しておきましょう。

どうしてもクリニックに行けない場合の提案

検査はクリニックで受けることができますが、医師や看護師の前で性病検査をするのは、かなり恥ずかしいです。特に女性は貞操観念が強いですので、そのような不適切なセックスをした経験があると思われることに、強く抵抗感を持ちます。医療従事者はそのようなことは想像していませんが、患者にしてみれば大きな悩みになります。クリニックで検査しにくいのであれば、検査キットを購入して自宅で検査を受けるのが良いでしょう。自宅で検査をして、そのキットを返送します。すると結果が返ってきます。そこでどんな性病に罹ったのかを知ることができます。もちろん検査をした本人しか知ることができませんので、秘密は守ることが可能です。その検査票を持って、病院に行くとスムーズに治療ができるでしょう。

性病治療の弊害とは

性病を発症していない場合、検査を受けるのは健康診断や人間ドックと同じ扱いになり、保険を使えません。そのことから大きな費用が掛かります。検査キットからわかった結果で、症状が出ていなくても感染している証拠になりますので、保険を使って治療をすることができます。また検査キット自体、他のクリニックと提携していることもあり、スムーズに治療を開始することができます。セックスの初体験をする年齢が下がっており、性病の罹患率が高まる一方ですが、このような体制が整っていないのが、いまの日本の現状です。これは性病治療におけるひとつの弊害になっています。それを改善するために、保健所で性病検査ができるようになっているところもありますが、すべてではありません。主要なHIV検査だけではなく、他の性病検査ができるようにする必要があります。

正しい知識を持っていれば、性病に対抗することができます。セックスをする場合は、決められたパートナーと行い、なおかつコンドームを使ったセックスをすることが大切です。そしてそれを啓蒙する活動も必要になります。