もしものときの常備薬と注意点


性病と十把一絡げにしても、いろんな病気があります。たとえばヘルペスやカンジダ症は、性病と分類されていても、発症するたびに感染しているわけではありません。体質によって症状が出ることもある病気があります。そんなとき医薬品がないと困ることもあるでしょう。それを防ぐために常備しておきましょう。

個人輸入代行業者が運営しているサイトから購入する方法をおすすめします。抗生物質は薬局では売っていませんし、また日本の通販サイトからは購入できない医薬品も多いです。個人輸入を使えば、クリニックで処方されれている医薬品と同じものを購入することができます。しかも格安の値段で提供されるジェネリック医薬品になりますので、医療費を抑えることが可能です。主にインドの製薬会社が製造している医薬品になりますが、日本のクリニックで処方される医薬品と同じですので安心してください。ただし信頼できる個人輸入代行業者を利用することが大切です。

医薬品の性質を知ること

クラミジアや膣トリコモナス症で使われることが多いクラビットは、飲みきらなければ耐性を作る原因になってしまいます。また病気や症状によって、服用方法が異なります。医薬品は症状を緩和する効果がありますが、同時に毒にもなり得る存在です。そのことは充分理解しておきましょう。

医師の指示があってこその医薬品

原則、医師の指示で服用するのが医薬品です。特に抗生物質は飲みきるのが基本であり、間違えてしまうと菌が耐性を作ってしまい、さらなる対策が必要になります。個人輸入で購入した医薬品を個人の判断服用するとリスクがあります。医師の指示があって初めて効果を示すのが医薬品です。

もしもの時の使い方

すでに服用方法知っている人にこそ、使える常備薬の確保になります。そういう意味での「もしも」であり、医師の診断を受けずに個人輸入によって性病を治療するのは難しく、そしてリスクが高いですので、おすすめできません。一度診察を受けて、服用方法を理解しており、そのうえで同じ医薬品を個人輸入で購入し、常備しておく方法が推奨されます。

医薬品は人間を救ってくれますが、時に悪さをすることもあります。副作用の問題もありますので、服用は細心の注意を払わなければいけません。