正しい知識で性病を恐れないようにする


性病と聞くと、嫌悪感を抱く人も多いです。移す、移されたといった関係が明確になることで、それは大切な人と別れることになる問題を引き起こします。しかし性病について間違っている知識を持っている人も多いです。だからこそ恐れないで性病について知りましょう。

性病の定義

性行為感染症になり、セックスによって感染するのが性病です。いろんな病名がありますが、代表的なのはクラミジアや淋病であり、これらは日本人に多い病気です。発症するとエイズになるHIVも代表的な病気です。また肝炎やヘルペス、カンジダ症も性病に位置付けられています。セックスによって感染する病気の広義として使われることが多いです。

感染しないための対策

セックスによって感染しますので、セックスを断つことが完全の予防になりますが、そうはいかないのが人間です。よってコンドームの着用が効果的な対策です。その他にある対策は、不特定多数のセックスは避けるのが賢明です。不特定多数の人とのセックスは感染のリスクが高まります。また中高校生の感染も高いですので、その世代に対して徹底した性教育が求められます。日本は性に対してタブー視していることが多く、それが原因で性教育が普及せず、性感染症も増えているのが現状です。

よくある間違えた知識

性病に分類される病気ですが、日常生活でも感染する性病があります。膣トリコモナス症はセックスだけではなく、トイレや感染した人が使ったタオルでも移る可能性があります。ヘルペスも性病ですが、口唇と性器にできるヘルペスはウイルスのタイプが異なり、特に口唇は日常生活でも感染するリスクが高い病気です。このように一概にセックスによって感染するわけではありません。不用意な浮気認定をして、相手を傷つけないようにしてください。

誰にも罹る可能性がありそして必ず治る病気

セックスをする以上、誰にも罹る病気であり、そして治せる病気です。クラビットは代表的な性感染症に用いられる医薬品であり、その他の症状も、決められた用量用法を守ることで、完治することができます。また不治の病とされるHIVはエイズを発症しなければ、生きていける病気です。だからこそ適切な治療が必要になります。

性病に罹るリスクが誰にもありますので、正しい知識を持って対策をとるようにしましょう。